2018年02月18日の一組

現状:カップの7、逆位置。

アドバイス:ワンドのナイト、逆位置。

夢が醒めていき、夢で見たものたちが現実になっていくときです。

しかし憧れるあまりに焦ることは禁物です。落ち着いて一歩一歩、目標に近づいていきましょう。

いい日

今日はそにーさんが泊まってくれていっぱい話せて風呂いってノスタルジックになったところをなべごーときりゅさんとまるまるさんがきてジャンカデリックでとりあえず飯くて周ザキッチンにいって飲んでたらあっくんとなべごーの彼女のりちゃんが来て腹減ったからいろは寿司食べてのりちゃんとなべごーが家に来てみたけのんで終えた

広告を非表示にする

悟りのメカニズム14四人の沙門

悟りとはなにか。

悟りの段階によって心がどう成長するのか。

そういうことを学ぶ最初に、まず四沙門果と呼ばれる悟りの四段階の名前を順に紹介しましょう。

それが、この本でこれからお話しする内容の目次にもなります。

お釈迦さまは、たとえば四人の沙門という言い方で四沙門果を獅子吼しておられます。

支部経典から引用します。

比丘たちよ、ここ仏教にだけ第一の沙門がいます。

ここにだけ第二の沙門がいます。

ここにだけ第三の沙門がいます。

ここにだけ第四の沙門がいます。

他の宗教には沙門は空っぽです。

こういうことであるから、比丘たちよ、以下のように正しく獅子吼をしなさい。

沙門とは、修行者のことです。

ここでは四段階の悟りを開いた仏教の修行者を指しています。

獅子吼とは、堂と宣言することです。

四沙門果のどれかをすでに得ている、またこれから得るであろう修行者沙門は、ブッダの教えの中にだけ現れます。

他の宗教の教えでは、無理です。

悟るための正しい見方、無常苦無我が他の宗教には欠けているからです。

その上、他の宗教には悟りに導く方法八正道をはじめとする三十七菩提分もありません。

ですから、もし教えだけを聞きかじっても、悟りに達することはできません。

無理なのです。

お釈迦さまの当時、インドではどんな教えの修行者も悟りを開こうと思って真剣に頑張っていました。

禅定に入れるくらいの修行者やその宗教団体はたくさんありました。

それでも、お釈迦さまが仏教でなければ悟りは無理ですと、獅子吼しなさいと弟子たちに勧めるほど、真理を知り、真理に至る道を知っているのか、そうではなく、ただがむしゃらにやっているだけかというところで、決定的な差があったのです。

悟りの智慧と悟りに至る道筋は、それほど厳密なものなのです。

根性があるとか、何年もずっと続けているなどという修行オタクだけでは、ダメなのです。

集中力で禅定には入れても、智慧悟りは開けません。

根性だけでなく、正しい教えに出会い正しい道筋に随って修行しないと、道は開けないのです。

正しい指導が必要なのです。

現代の私たちには、仏教の教えはいとも簡単に手に入ります。

悟りさえも、ブームです。

しかし、流行りだというだけで悟れるでしょうか。

お釈迦さまが説かれた教えの意味を解き明かし、教えのとおりに修行を指導する正しい師匠に巡り会うことが必要です。

四沙門果という経典は、4人の沙門という意味だそうです。

仏教には、悟りに至るためのロジカルな方法論があるということですね。

仏教が好きなインテリ層が多いのも、このような論理的な修行体系が存在するからなのかもしれません。

他の宗教の場合は、信仰がベースにありますから、どうしても感覚的にならざるを得ないのでしょう。

もちろん、どのような宗教であれ、秘匿されてきた奥義のようなものはあると思うので、その部分はロジカルな方法論を含んでいるのかもしれません。

出典悟りの4つのステージ預流果、一来果、不還果、阿羅漢果藤本晃著サンガ刊

悟りの4つのステージ:預流果、一来果、不還果、阿羅漢課

Amazon

いきなり勝ちが増えてきた。就寝前恋は雨

いきなり勝ちが増えてきた。就寝前恋は雨上がりのように

アイヌの旅〜メンバー編〜

アイヌへの旅は、チャネスクのクラスメイトと行く予定でしたが、諸事情により、

クラスメイトのRちゃん

別クラスのHちゃん

と行くことになりました。

お二人ともエジプトでご一緒した方。

Hちゃんは、

たまたま一緒にいた時に、あべけいこさんから

Hちゃんも一緒に行った方がいいよ

と突如北海道行きに笑

Rちゃんは、

最初なんとなく一緒に行った方がいいとは思うけど、日程の問題で1人で行く予定でした。

が、

魂の回収をする際、土地神の力を借りることになる。しかし、アイヌの神は荒しいようで、場合によってはスムーズにいかない。

しかし、今の私にはそれに対応できる十分なパワーがない。

そのため、当時パワフルなカムイだったことのあるRちゃんの力が必要。

Rちゃんと行くことで言うことを聞いてもらいやすくなるから。

そんなわけで、Rちゃんもやっぱりねと即答で同行いただけることに。

ありがたすぎて、頭が上がりません

やっぱりねというRちゃん、

スゴすぎ、カッコよすぎ

さすが元カムイ

さて、問題はどこに行くのか。

北海道のあちこちに魂がいる。

そして、私だけではない、3人。

北海道を回るには時間と費用がかかる。

ちょっと腰が重かった。

そこへ、あべけいこさんガイドからまさに神のお言葉が

なんと、

北海道の神様に頼んで、札幌とか一箇所で回収ができる。

そうなーーーーーん

それなら簡単に行けそう〜

心が一気に軽くなりました

が、そう甘くはなかった

つづく

ビジネスで大切なのは「成果をもたらせる関係づくり」

くれぐれも誤解しないでいただきたいのですが、「円滑な人間関係が築ける人」というのは、何も「優しい言葉がかけられる」とか「ジョークがうまい」といったような、表面上の関係づくりのことを指すのではありません。仕事における人間関係については、世界的な経営学者であるP・F・ドラッカー氏が、自著の中でこのように述べています。

「仕事上の関係において成果がなければ、温かな会話や感情も無意味である。貧しい関係のとりつくろいにすぎない。逆に関係者全員に成果をもたらす関係であれば、失礼な言葉があっても人間関係を壊すことはない」(P・F・ドラッカー『経営者の条件』)

確かに、コミュニケーション能力や話し方などが上手であるに越したことはないでしょう。けれど、それらはすべて「お互いが仕事で貢献できる関係にある」ことの上に成り立っている、ということです。

ABC理論を顧客分類に応用する

海老沢のABC理論を応用することに関してですが、自分の顧客分類などに利用してみるのも、効果的かもしれません。たとえば、今いる顧客を以下の3つに分類してみます。

A:ニーズが一致し、かつ自社が役に立てる顧客

顧客のニーズと自社のサービスが合致し、サービスを提供することによって、顧客を満足させ、自社も利益を得ることができる関係

B:条件等の不一致により、自社が役に立てない顧客

サービスと顧客の支払い能力が釣り合っていなかったり、現状のニーズの不一致だったりして、自社の力が十分に発揮できない関係

C:自社の顧客になれない顧客

クレーマーやサービス対象外等により、どうやっても関係性が築けない顧客

この顧客分類を行う目的とは、「自社が本当にお役に立てる顧客は誰かを見極め、その人によりよいサービスをするため」です。つまり、極端に言うのであれば「顧客を差別するため」です。通常、顧客はサービスを利用する際に、他との比較を行い、より自分の希望にかなったサービスを提供してくれるところを探します。

それと同じように、提供側も「より自社のサービスにふさわしい相手を見つけて、その人により多くの資源を投入する」必要があります。商売をする上で、「いかに自社が貢献できる相手を特別扱いするか?」というのは、とても大切なことです。

森久保と三峰の一人称苗字ユニット組ませ

森久保と三峰の一人称苗字ユニット組ませたいけど森久保がめちゃくちゃ可哀想だからやめたい