そして、自らの命を犠牲にして産んだ渚の

そして、自らの命を犠牲にして産んだ渚の子ども、つまり主人公の娘汐の死、どれも辛くて涙が止まらなかった。クラナドは、父親になったらもう一度見て見たい作品の一つになった。僕はまだ半社会人の子どもだ。自分で自分の世話すらできない。家族を養う大変さ、そこまでして守ってきた妻をry