Fw:軍事ジャーナル【1月11日号】空母とサイバー部隊

どこまで、この内容は真実なのだろう?

サイバー部隊?ホントに無いのだろうか? 元民主党政権時代に国家機密が三万件以上が流出(陳哲郎君の暴露質問で発覚した)が、支那畜からのサイバー攻撃あったのだろうか?だとしたら、尖閣周辺だけでは無く上陸作戦実行なんて事があっても可笑しく無いだろう!

護衛艦の改造話は良としようか。

軍事ジャーナル

http://melma.com/backnumber_190875/

--------

鍛冶俊樹の軍事ジャーナル

第312号(1月11日)

*空母とサイバー部隊

 年末から年始にかけて、日本の防衛にとって重大ニュースが二つあった。一つは護衛艦いずもの空母化であり、もう一つはサイバー部隊の創設だ。これらは防衛力強化に他ならないから吉報と言うべきだが、実は単純には喜べない裏事情がある。

 空母化などというと、米国の正規空母を思い浮かべるかも知れないが、戦闘機10機搭載と言うから、米軍レベルで言うと空母ではなく、強襲揚陸艦であろう。つまり尖閣が中国に軍事占領された場合、これを奪還するために護衛艦強襲揚陸艦に改修する訳だ。

 このため、垂直離着機F35Bの米国からの購入も検討されている。ここで思い浮かぶのが昨年11月のトランプ訪日だ。トランプ大統領は「日本は米国から多くの兵器を購入するだろう」と言い、日本の一部世論には米国の武器ビジネスを批判する向きもあった。

 だが、米国が日本の護衛艦強襲揚陸艦に改修するよう求めているとすれば、武器ビジネスなどという批判が如何に見当違いか分かろうというものである。というのも米国はかねてから「尖閣日米安保の発動対象」と明言していたからだ。

 日本側はこれを「中国軍尖閣を占領したら、米国が強襲揚陸艦を派遣して奪還してくれる」と解釈してきた。だがトランプは「日本は強襲揚陸艦を持って、尖閣を自分の手で奪還しろ」と安倍総理に言ったことになる。

 つまり米国が日本の米国依存の防衛体制に対して自主的な防衛努力を求めている訳だ。これはサイバー部隊の創設にも当てはまる。サイバーセキュリティの中核は米国を始め諸外国では、国防省のサイバー軍である。

 ところが日本にはサイバー軍が存在しないため、政府、自治体、民間企業が米国のサイバーセキュリティ基準を参考にして各個に努力しているだけなのである。つまり、これまた有事には米国のサイバー軍に守って貰う事を前提にして日本のサイバーセキュリティは成立しているのである。

 昨年、退役海軍大将で元国家情報長官のデニス・ブレアが来日し、この現状に強い警告を発して、漸くサイバー部隊の創設が政府内で検討されるに至ったのである。だが、後発でサイバー部隊を創設しても、サイバーセキュリティの中核的役割を担うには数十年かかるだろう。

 要するに米国に「もはや日本を米軍の力だけでは守れないから、日本も自主的な防衛努力をせよ」と促され、漸く動き出したのが、この二つなのである。勿論これは吉報に違いない。だが、それは自主防衛体制を実現できればの話であって、実現できないとなれば凶報となろう。

軍事ジャーナリスト 鍛冶俊樹(かじとしき)

1957年広島県生まれ、1983年埼玉大学教養学部卒業後、航空自衛隊に幹部候補生として入隊、主に情報通信関係の将校として11年間勤務。1994年文筆活動に転換、翌年、第1回読売論壇新人賞受賞。2011年、メルマ!ガ オブ ザイヤー受賞。2012年、著書「国防の常識」第7章を抜粋した論文「文化防衛と文明の衝突」が第5回「真の近現代史観」懸賞論文に入賞。

動画配信中:「戦争の常識」第1回無料

http://www.nicovideo.jp/watch/1494517092

上記動画のテキスト本

「戦争の常識」(文春新書)

http://www.bunshun.co.jp/cgi-bin/book_db/book_detail.cgi?isbn=9784166604265

動画配信中:「地政学入門」第1回無料

http://www.nicovideo.jp/watch/1475838508

上記動画のテキスト本

「領土の常識」(角川新書)

http://www.kadokawa.co.jp/book/bk_detail.php?pcd=321212000089

動画配信中:「地図で見る第二次世界大戦」第1回無料

http://www.nicovideo.jp/watch/1441391428

上記動画のテキスト本

文庫「図解大づかみ第二次世界大戦

http://www.kadokawa.co.jp/product/321502000376/

動画配信中:「現代戦闘機ファイル」第1回無料

http://www.nicovideo.jp/watch/1411697197

上記動画のテキスト本「イラスト図解 戦闘機」

http://www.tg-net.co.jp/item/4528019388.html

動画配信中「よくわかる!ミサイル白書」第1回無料

http://www.nicovideo.jp/watch/1383640409

上記動画のテキスト本「超図解でよくわかる!現代のミサイル」

http://www.tg-net.co.jp/item/486298102X.html?isAZ=true

その他の著書:

「国防の常識」(角川新書)

http://www.kadokawa.co.jp/book/bk_detail.php?pcd=201203000167

エシュロンと情報戦争」(文春新書、絶版)

--------

解除やバックナンバーは↓

http://melma.com/backnumber_190875/

問い合わせID

v0F2SLHvU0GDPNXMl1gdDYDh47911ddd

※解除が上手くいかない場合、上記問い合わせIDと、購読中メールアドレスを

合わせてお問い合わせください。

--------